茨城

茨城県立こども病院

茨城県立こども病院は、茨城県水戸市双葉台3丁目3番地の1に設けられ、診療科目は、循環器内科/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/アレルギー科/感染症内科/小児科/循環器外科(心臓・血管外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/小児外科/放射線科/麻酔科が設けられています。治療を求める患者に適切な看護を行います。臨床修練指定病院/臨床研修病院の認定をされており、付近の医療・福祉施設との協力を大事にしています。看護部では、認定看護師は3名おります。看護への学習意識を有するナースが多くおります。

なめがた地域総合病院

なめがた地域総合病院の医療従事者は286人働いており、看護師以外の職員と協力し合うことも重きに置いています。の認定をされており、付近の医療・福祉機関との関わり合いを大事にしています。看護部では無理のない3交替を取り入れています。プライベートの充実も考えた勤務形式を意識しています。

筑波記念病院

筑波記念病院の病床は474床完備されています。治療希望の患者が納得のいく医療を提供されるよう、ベストを尽くしています。看護師は350名います。看護が円滑に成り立つよう、看護師は協力し合ってています。

茨城県立 こども病院

茨城県立 こども病院は、周辺の住民に信用される医療施設を目標としています。近接性を大切にした医療を実行しています。看護部では、看護師202人おり、働きやすい変則2交替の下、治療を行っています。ママ看護師が気になる託児所情報ですが、保育所はあります。職場復帰研修など、これ以外の支援も聞いてみましょう。

古河赤十字病院

古河赤十字病院内では324名の職員が働いています。地域の医療施設と一緒になり、一段と良い看護を提供しています。1日に入院する患者は134名です。急を要する入院に対しても親切な対応を心がけます。看護部では、看護の質を高める固定チームナーシングを採用しています。看護体系7:1を活用し、看護師は就労しています。効率を考えた医療の質が高い看護を行っています。

筑波大学附属病院

筑波大学附属病院は、茨城県つくば市天久保2-1-1に設けられています。特定機能病院/がん地域連携拠点病院/臨床修練指定病院/精神保健法指定病院/救急医療指定病院/母子保健法指定病院の指定があり、地域の医療施設との関わり合いを大切にしています。7:1を用い、看護師長を始めとし、新人看護師まで助け合って看護に励んでいます。